プロフィール
ビスケット
大阪在住。
MCBK/CBを好む中・近距離型ゲーマー。
最近やっと外でサバゲするようになりました。
カテゴリ
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2012年08月11日

INFORCEライト

蝉も我が世来たれりと、慌しく鳴き声を競う今日この頃、皆様ご自愛されていますでしょうか。
お世話になっております。バーレットです。




先日赤羽のトゥルーパーズにて新装備を購入してキャッキャウフフしていましたところ、
本ブログ主さまから・・・

インプレはよ

などというブーイングを頂きましたので、以下自己満足な情報共有をさせて頂きます。




で、
その新装備というのはこれです。(写真左)

INFORCE WML White/IR
http://www.inforce-mil.com/wml-ir.php

実はついでに手持ちのINFORCEライト(写真中央)についてもレビューしておこうかなとこんな写真にしてます。
右はじのやつは皆さんご存知のSF9P(フィラメントバルブ)さんです。うちの最古参、私がまだフィラメントの信奉者だったころからの付き合いになります。
そういえば実家にスコーピオンライト(500lm←メーカー交渉値)があったなぁ・・・今頃どうしてるかな、バッテリー死んでないかな・・・。
おっと、
話がそれる前に真ん中のやつのスペックを・・・
INFORCE Color(RGBIRモデル)
http://www.inforce-mil.com/color.php






さて、まずは面構えから行きますか。

先ほどの写真とは並びがです。
左からSF9Pさん、Color、WMLとなっています。
INFORCEシリーズ全般に言えることなんですが、レンズ(ウィンドウ)の径が小さいです。
Colorは外周部にサブLED(RGBとIR)があるので分厚いヘッドになっていますが、レンズ(ウィンドウ)の径は同じです。
SF9Pさんは信頼と実績のオレンジピールリフレクター。
Colorはコリメータレンズ。
WMLは微妙にオレンジピールなリフレクターのようです。
あとWMLは白色LEDの周囲に4つの赤外LEDが確認できます。






次はテイルスイッチ。
SF9Pさんは「いつものやつ」なので割愛します。
ということでまずはWMLから

円柱を円弧で切り取ったようなスイッチになっていますが、実は中央にタクトスイッチが一個配置されているだけです。端を押しても反応しません。
写真中央、白丸がついたスローレバーのようなものはIR切り替えレバーです。写真の位置だと可視光、反対側にするとIRモードです。
スイッチはOFF→High→Low→OFFの順番です。
押しっぱなしでモーメンタリになります。
すばやく2回押すとストロボモードになります。IRモードにストロボはありません。
操作感としては、かなり軽いタッチでもONになるレベルです。不用意な点灯には気をつけた方がいいでしょう。ですが押しっぱなしにするという意味ではかなり楽です。

次にColor

WMLと素材は同じような感じです。
しかしこちらのスイッチにクリック感はなく、また中々に硬いです。柔らかめのスーパーボールを押しているような感じです。
Colorシリーズに限らず、multi-function系のINFORCEライトはテイルスイッチが一定角まで回せるようになっています。この角度でモード切り替えなどが行えます。
Colorシリーズに限った話でいえば、写真の状態でサブLEDのカラーセレクト。
左45度で選択したサブLEDのモーメンタリ
さらに回して90度でオルタネート&パワーセレクトになります。
逆に右まわりだとメインLEDのモーメンタリ、オルタネート&パワーセレクトとなります。
パワーセレクトを行った状態でオルタネートにすることもできます。
ただ、テイルスイッチが思いのほか固いのでモーメンタリは手が疲れます。手持ちでオルタネートを使うか、あくまでもモーメンタリ使用すると言うならばアクセサリのテープスイッチを追加した方がよさそうです。






さて、お待ちかね。
道具は使ってこその道具!
点灯させますよ!
至近距離からドン

すいません、なぜか捜査線みたいなものが写りこんでしまいました・・・。

次は天井(3m位)に向かって・・・


次はIRを照射(至近距離だからピントが合わない・・・)


さて、こうやって見てみるとやはり200lmのColorが明るいですね。WMLが125lmだからそりゃまあ当然なんですけどね(笑)
またWMLと比べるとかなり集束しています。それに比べてWMLは拡散型のようですね。
ですが両者ともかなり綺麗なホットスポットからのグラデーションになっています。
この辺はSFのスポットと比べると「違うなぁ」と思える点なんじゃないでしょうかね。

総括(的な何か)
私自身、
「皆SFばっかりでつまらんなぁ。よし、初LEDライトはINFORCEにするか」
と買ったので、200lm,125lmという数値が果たして過なのか不足なのか判断付きません。
ですが、昔持っていたG&P製PEQ-2のLED出力を調べたら130lmとの事だったので個人的な経験からいえばトイガンの有効射程内で十分な光量であると思います。
そして何よりINFORCEの特筆すべき点はその軽さです。感覚的には123Aバッテリー2個分かそれ以下の重量です。手に持ったときに「モックじゃないのこれ?」と言いたくなると思います(笑)

あと、ウェポンマウント。
これがまた素晴らしい(と自分で思っている)出来で、ライト本体の溝にかみ合って固定するので必要な時には取り外して手持ちライトとしても使えるのです。

ま、いずれにせよ好き好きなんですけどね、結論は。
私はINFORCE派ですけどね(ドヤッ)


質問等ありましたらどうぞお気軽に!
以上!

おまけ

恰好・・・良いんじゃないでしょうか!?  


Posted by Jonathan Barrett at 06:04Comments(0)ライト